NEWS
新着記事

刺繍やプリントも入れたオリジナルジャージを作成しよう!

サークルやクラブ活動には統一感のあるチームジャージが欠かせません。

せっかく作成するなら刺繍やプリントを入れた自分たちだけのオリジナルジャージを作成してみませんか。

今回はオリジナルジャージ作成の流れを紹介します。

自分たちだけのオリジナルジャージ

まずはどのスポーツのジャージを作成するか。バスケなら着脱簡単なユニフォームの上から着れるタイプ、サッカーなどであれば割とぴったりとしたジャージが主流となります。

オリジナルジャージについては完全にいちから「オーダーメイド」で作成するか、「既製品のジャージ」をカスタマイズするかとなります。

こだわったものを作成したいのであればオーダーメイド、一定のクオリティで作成するのであれば既製品のジャージとなります。

こだわりのオリジナルデザイン

オリジナルにこだわるのであれば、生地から全てオーダーメイドで作成する。もしくは、ベースは既製品を利用してロゴやエンブレムなどは自分で制作するという方法もあります。

ただロゴやエンブレムなどを自分で制作したいけれども、デザインをできるほどのスキルなどはないという方もいらっしゃるのではないかと思います。

そのような方でも「ココナラ」といった安くデザインを作成して貰えるサイトもありますので、そのようなサイトを利用して作成するのもひとつの手です。

ロゴやエンブレムだけでも、自分たちのものを作成しておけば、ジャージが既製品であってもオリジナル感が増します。

また一度作成すれば、Tシャツやバッグ等のグッズやアイテムにも応用して繰り返し使うことができます。

生地や素材にこだわってみる。

もしオリジナルで良い物を作成してみたいと思っているのであれば、最適な生地や素材にこだわってみてはいかがでしょうか。

決して既製品が悪いわけではありません。しかし、激しい運動を伴うので丈夫かつ軽さや吸汗速乾性の生地やドライ素材であれば、フィット性はもちろんパフォーマンス向上につながります。

ミヤモリのジャージデザイン

例えばミヤモリデのジャージデザインであれば、素材は汗を素早く吸い上げて乾かすアクアドライ(ポリエステル 100%)を使用しています。特徴としては肌側の繊維密度を荒く、表側を高密度にした二重構造組織で、肌側はべとつきがなく汗を素早く吸い上げて乾かします。マルチファイバーと呼ばれる極細糸使用によるソフトな着心地と美しい光沢があります。スポーツをするうえで、この速乾性は欠かせません。人間運動力学をもとにした静止時‧運動時の身体の状態を解析し、動きやすさを追求したカッティング‧縫製システムを採用しています。そのため、ミヤモリのスポーツウェアでは運動の機能性を高める仕様となっています。

また、ミヤモリでは引張強度の試験、引き裂き試験、洗濯堅牢度の試験など、さまざまな耐久テストを経て商品を送り出しています。

このように生地や素材の細部にもこだわってみましょう。少しでも大会で上位を目指すのであれば、出来るだけウエアなどによるストレスを減らすことをおすすめします。

こだわりのオリジナルプリント

多くの方はチーム名や背番号等を入れるかと思います。せっかくですからオリジナル性を高めるために、自分たちのロゴやエンブレムもプリントしてみましょう。

これをマーキングといいます。マーキングと一口にいっても様々な種類があります。

ジャージであれば、刺繍や昇華ワッペンでのマーキングが多いかと思います。

刺繍とは細い糸を何度も何度も重ねながら文字やロゴを入れるものです。刺繍は立体感のある仕上がりで高級感があり、どの加工よりも耐久性が抜群です。例えば野球は刺繍によるマーキングが主流です。その他、ジャケットやポロシャツ等の名入れで良く使用されています。

昇華ワッペンとは硬めのベース生地に様々なデザインがされているものです。いわゆる私達がワッペンと呼んでいるものです。主に2種類あり転写プリントで作成したものか、刺繍で作成したものとなります。チームのエンブレムを取り付けることで独自性が増し、オリジナルジャージとなります。

ぜひ自分たちだけの希望のロゴやエンブレムを作成してみましょう。先ほどお伝えしたとおり、自信が無い方は「ココナラ」などの利用をおすすめします。安く作ることができます。もちろん専門店や会社に相談すれば作成していただくこともできます。

注文前の確認

カタログなどの写真で確認しても微妙な色や質感はわかりにくものです。例えば、ネイビーであってもブランドによってはブラックに近いようなものもあれば、ブルーそのもののようなカラーもあります。また、サイズについてもブランドによっては少し差があります。その場合はサンプルを送ってもらい比較するのも一つの手です。対応が可能かどうか相談してみましょう。また実店舗の場合スタッフに相談すれば、人気の高い商品から定番のものまで紹介してもらえるでしょう。初めてであっても不慣れということを伝えれば、豊富な情報と親身にサポートしていただけることでしょう。

お問い合わせ・見積もり・送料など

オーダーする商品がまとまったら、メーカーやお店に見積りの依頼をしましょう。内容をしっかりと確認し、価格や項目に疑問があれば確認をしましょう。その他、配送の料金や納期に注意しましょう。

当社、株式会社ミヤモリでは見積もりも無料です。安心してお気軽にお電話・メールまたはFAXでお問合せ下さい。お客様からいただいたフォームからのご質問には、翌営業日24時間以内に返信メールにてご連絡差し上げます。

ミヤモリの場合、プリントがなければ通常2日以内で商品を発送できますが、せっかくのチームジャージですからプリントすることをおすすめします。プリントを行った場合は2〜3週間を目安に発送します。

また商品の送料は本州‧四国‧九州700円(税込)、北海道1,100円(税込)、沖縄県1,600円(税込)となっています。支払いが税込2万円以上の場合は送料無料の対応となります。

株式会社ミヤモリ                               営業時間 9:00~16:00 平日のみ 
電話:0766-73-8138                       
メールでもお問い合わせいただけます。
https://my-apparel.net/contact/

まとめ

いかがだったでしょうか。生地や素材にこだわってみる、マーキングを加えてみる。など、ワンポイントにこだわるだけでも独自性が高まります。

ぜひ自分たちだけのオリジナルジャージを作成してみてください。もし資金に余裕があれば、追加注文としてジャケットやスウェット、ハーフパンツなどマーキングを加えて遠征や練習用のアイテムとして作成されるのも良いかもしれません。